アイスコーヒーを氷少な目で注文する☆

夏場はアイスコーヒーなどの冷たいドリンクを頼む方も多いと思いますが、氷が多すぎるのが嫌だなって思ったりしませんか?

店内が冷房で冷えているのに、氷山盛りのドリンクを飲んだら体も冷えてしまいますよね…

1498752783844

アメリカではスターバックスの冷たいドリンクの氷が多すぎると、訴訟を起こした女性がいたと言うから驚きです。しかも賠償請求額はなんと約5億円!!

彼女の言い分は氷が多すぎて、ドリンクの量が少ないからなんだそうですが…

この一言で解決します!!笑

日本でよく言う「氷少な目で」→「Light ice, please」これで氷少な目にしてもらえます。

ただスターバックスによると氷少な目の規定はないそうなので、バリスタさんが独断で判断するようです。

以前スムージーを頼んだ時に、氷が多すぎて吸っても出てこないということがありました(´;ω;`)

お店に戻って、「いつもと違う。」と伝えると急いで作り直してくれました☆

日本のスタバと比べると、こちらのスタバはバリスタさんによって味がまちまち…

明らかに違う!と思ったときは、しっかり違うと言って作り直してもらいましょう。

日本人てつい遠慮してしまいがちですが、こちらの人は何でもはっきりモノを言うので、相手は私たちが思うほど気にしていないことが多いと思います☺

ちなみに…

「甘さ控えめで」→「Less sweet, please」

「甘さ半分で」→「Half sweet, please」

「クリームなしで」→「No whip cream, please」「Without whip cream, please」

Can I have a tall mocha frappuccino? No whip cream, please.

トールサイズのモカフラペチーノください。クリームなしでお願いします。

こんな感じでサイズ・要望をまとめて伝えてしまえば、あれこれ聞かれずスムーズな注文ができます♬海外旅行する際は、ぜひ試してみてくださいね♡

 

 

Advertisements