ワーホリにかかった費用

 

ワーキングホリデーっていくら貯めればいいの?

→100万円をワーホリ資金として貯めました☆

もちろん多ければ多いほどいいのですが…

今回はトロントにワーホリして、実際にかかった費用をリストにしてみたので、これから渡航する人の参考になればと思います。

☆渡航前 約60万円

・往復航空券ー12万円(成田→LA→トロントの1回乗り継ぎ)

・保険1年分ー13万円(緊急時の一時帰国のオプション付き)

・学校代ー22万円くらい(通訳・翻訳コース2カ月分)

・洋服や下着、化粧品など

・歯医者、美容院

・ビザ申請料

★渡航後 約35万 

・3カ月分の家賃ー15万円(入居の際、最初の月と最後の月の2カ月分支払います)

・3カ月分の生活費ー15万円

・プラスα 5万

トータルで約95。

976921_4457416492880_612862388_o

(最初の1週間泊まっていたホステル)

渡航後すぐに働く予定だったのですが、宿題や課題に追われて2カ月間バイトはできず、正直ギリギリでした。

学校に行く期間やエージェントを利用するかによって、必要な費用も大きく変わってきます。

初めて語学留学をした時には、右も左も分からずエージェントにプログラム手数料として40万程支払いました。

留学後に無料のエージェントの存在を知ったり、自分より高い手数料を払った人にも会いました。

エージェントを使うかは個人の自由だと思いますが、今思えばあのお金で旅行ができたなーと思ったりも… 余裕をもって貯金していた友達はいろんな所に旅行していました( ;∀;)

そして意外と行く前の出費が多くて、焦りました。というのも、海外保険を安く抑えようと思うと、眼科や歯医者はまず含まれません。

そのためコンタクトレンズを1年分買ったり、歯医者でクリーニングや治療も済ませたからです。

予想外の出費も見込んで、余裕のあるワーホリ貯金をオススメします♬

そしてトロントは消費税が13%と高いので、一通りの洋服は持ってきた方がいいですよ☺

 

 

 

 

 

 

 

 

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

w

Connecting to %s