カナダはお酒に厳しい国?

カナダでの飲酒は19歳以上、25歳未満に見える場合にはIDの確認が必須になります。

アジア人は若く見られがちなので、30歳の私でもお酒を買ったり飲んだりする予定のある時は未だに写真付きのIDを持ち歩くようにしています。

最初は面倒だったのですが、最近は私のIDを見たときの店員さんの反応が面白くなってきました。笑 

また公園や海など、公共の場での飲酒も禁止されています。

日本のようにお花見しながら、海でBBQしながら一杯というわけにはいかないのが残念です😢

昔バンクーバーに留学したとき、外での飲酒禁止ということを知らずに大人数でBBQをしながらビールを飲んでいたところ、警察に通報されたことがありますΣ(゚Д゚;

正直に知らなかったと伝え、警察も留学生だからと多めに見てくれましたが、目の前ですべてのお酒を捨てるよう指示されました。そして10缶あまりのビールを捨てることになりました。

何かと自由な国ですが、お酒に関してはなかなか厳しいんです…

1499197613546

お酒が買える場所も限定されています。

①LCBO-ビールやワインはもちろん、ウイスキーやリキュールなど、取り揃えが豊富。

②Beer Storeービールメイン。アップルサイダーやラドラーなどもある。

③Wine Rackーワインメイン。果実系サイダーも少しある。

主にこの3店舗です。(*一部スーパーでも売られています)

お酒が買える24時間営業のお店はないので、日本のように飲みたい時にお酒が買えるというわけではありません。特にナショナルホリデーはこういったお店が休みになることも多いので、注意が必要です!

お酒を提供するバーテンダーやレストランのサーバーも、「スマートサーブ」というお酒を提供するための資格を保有する必要があります。

合格すると、証明としてこのカードが発行されます。

1499197854059

オンライン講座で勉強した後、試験もオンラインで受けます。パソコンのカメラを通して試験管に監視されていますので、メモを見ながらというのは絶対NGです!!

レストランでサーバーやバーテンダーで働く予定のある人は、仕事探しの前に資格取得を目指しましょう☺

 

 

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s