トロント家探し

ワーホリや留学でトロントに来て、まず家探し!という方もなかなか多いのではないでしょうか。

私も到着後すぐにケータイを買い、すぐ家探しを始めたのを覚えています。

始めの1週間はホステルに泊まりましたが、運よくすぐに引っ越し先が決まり、到着1週間でアパートへと引っ越しました。

ですが、今考えるととても無謀なことをしたと思います。というのも、ほとんどの物件が1~2カ月先に引っ越し可能な物件ばかりだったからです。

シェアハウスや、ハウスメイトを探すサイトはKijijiとe-Mapleこの2つがメジャーです。

➀Kijijiは、カナディアンもよく使うクラシファイドです。

ルームメイトやハウスメイトの募集や貸し部屋の広告が沢山でています。

②e-Mapleは、カナダに住む日本人向けのクラシファイドなので、基本的に日本語です。

この両方を駆使することで、早くいい部屋を見つけることができると思います。

トロントの地下鉄マップ☆

1500694363661

私的オススメエリアは、黄色いライン沿いのRosedale駅からFinch駅の間です。

ダウンタウンは人も多く、その分変な人も多いのですが、ミッドタウンは閑静な住宅街で治安もよく、とても住みやすいです。

オシャレなカフェなども沢山あります。

IMG_20170118_230313_887

ただ気を付けたいのが、e-Mapleには時々日本人を狙った悪質な大家さんもいるということです。

私も一度そういう事がありました。

カナダでは、入居の際に最初の月&最後の月の家賃を支払います。

この最後の月の家賃はデポジット(保証金)となり、何事もなければ最後の月の家賃として使われる訳です。

私が住んだ家の大家さんはカナダ人でしたが、日本人だけを住まわせ(日本人はあまり言い返さない&大人しいので)、執拗な嫌がらせをしてきます。

当然、早く違う家へ引っ越す人もでてきますが、家を出る報告をするのが急すぎるという理由で保証金を返してくれない。または一部しか返してくれない。

私のみならず、そういったトラブルが頻発している家でした。

e-Mapleに常に載っている物件はそういったトラブルが多い家の可能性もあるので、渡航数カ月前からチェックして、危ない物件に引っかからないように注意してくださいね。

 

 

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

w

Connecting to %s