国際結婚ってどんな感じ?

最近アンミカさんが、旦那さんとのお財布事情を明かして話題になっていますね。

旦那さんがケチだとか、いろいろな意見があったみたいですが、「やっぱりそんな感じか~」というのが、正直な感想でした。

カナダに住んで思う、国際結婚について少し書いてみたいと思います。

『どうしたら外国人のパートナーを手に入れられるの?』という質問を、本当によく聞かれます。

私が勝手に思うポイントは『自立』『異文化への柔軟性』この2つ。

ワーキングホリデーで渡航している人の中には、外国人(特に白人)との結婚に憧れる日本人女性がとても多いです。

私の周りにもそういう子がちらほらいるのですが、現実は一般的に思われているのとはちょっと違うんじゃないかなと思います。

思っている以上に彼らは、現実主義です。

家族を大切にするのはもちろんですが、周りの国際結婚したカップルを見ても家賃や食費は折半、もしくは旦那さんが少し多めに払うといった感じ。

銀行も夫婦別々というカップルも結構多く、『奥さんにも働いていてほしい!!』という人がすごく多く、専業主婦の人は少ない気がします。

旦那さんが弁護士でも、奥さんもバリバリ働いていたり…

アンミカさんも言っていましたが、『自立した女性が好き』だと思います。

周りのカップルを見ても、彼に依存するタイプではなく、自立した行動力のあるタイプの女性が多いです☆

あとはお金持ちほどお金にシビアで、結婚前にプレナップと呼ばれる婚前契約を結ぶ人が多いようです。

アメリカのセレブも、時々プレナップで話題になったりしていますよね。

これは万が一離婚をした時に、揉めたりしないように結婚前に財産分与を決めたり契約を交わすものです。(相手に自分の資産を取られないように)

結婚前に離婚した時のことを考えるあたり、とても現実的ですよね。

国も違えば、文化も価値観も違って面白いなと思います。

12039649_10203563862056505_6648935405557839679_n

(庭で昼寝するアライグマ)

家族との距離が近いのも国際結婚の一つの特徴でしょう。

嫁姑問題はあまりなく、娘のように扱われます。

カナディアンはホームパーティー大好きなので、家族に呼ばれたパーティーで、いろんな国の人・文化に触れる機会があります。

そういう時に、相手の国や宗教のことを知らないとふとした発言が失礼にあたることもあるので…

少しでも相手の文化を知り臨機応変に対応する、『柔軟性』が必要だなと日々感じています。

そしてパートナーが外国人だと、自分の常識とは違うことも結構あるので、柔軟に対応していく必要があります。

余談ですが、カナダではパートナーの友人の結婚式に奥さん、旦那さんが同伴するのが結構普通です。

そんな訳で、結婚式ではじめましてなんてことも!私も新郎新婦に会うのが、結婚式で2回めということもありました。日本じゃ考えられないですよね?( ゚Д゚)

ちょっと話がそれちゃいましたが、日本の結婚とはいろいろ違って面白いです!

という訳で、国際結婚についてでした( ^^)

 

 

 

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s