日本と外国のバレンタインの違いは?Will you be my Valentine?って?

今日はバレンタインデーですね!

日本ではチョコレートやお菓子を、職場に持って行く人も多いのではないでしょうか?

小さい頃からバレンタインは女の子が男の子にチョコをあげる日と思っていましたが、カナダに住んで、初めてお国によってバレンタインの在り方が違うと知りました。

ということで、今日はカナダのバレンタインデーについて書きたいと思います。

カナダのバレンタインは、女性が手作りチョコを男性にあげるということはしません。

義理チョコや友チョコなんてモノもありません。

逆に男性が女性にお花やチョコレート、ギフトを贈ります。

IMG_20170812_212906_371

デパートやスーパー、ドラッグストアでもハート型の入れ物に入ったバレンタイン用のチョコレートが色んなブランドから出されています。

img_20170214_194238_788.jpg

バレンタインの夜は、ディナーデートに行くカップルや夫婦が多いので、雰囲気のいいレストランに行く場合は予約必須です!

数年前レストランで働いていたときは、バレンタインの夜は予約のみで満席でした。

実際バレンタインの夜は、特別メニューのみで営業するレストランも結構あります。

ここまで読んでいただいてお分かりの通り、カナダではバレンタインは『男性から女性に愛・感謝を伝える日』なんです。

日本で女性が好きな人に告白する日であるのに対して、カナダでは夫婦やカップルが改めて愛や感謝を伝える日という感じです。

日本で男性がお返しをする日とされている、ホワイトデーは存在しません!笑

日本とは全く逆ですよね( ..)φ

今年はゴディバが義理チョコやめようと言って、話題になっていますが、今後もバレンタインは時代と共に変化していきそうですね。

Will you be my Valentine?

英語ではこんなフレーズがあります。映画でこのフレーズ聞いたことある!なんて方もいるのではないでしょうか?

直訳すると『僕のバレンタインになってくれる?』

つまりこのバレンタインは、『愛』『大切な人』『特別な人』という意味になります。

2人の間柄やシチュエーションによって解釈は変わってくると思いますが、

『僕と付き合ってくれる?』 『僕の大切な人になってくれる?』

などと訳されることが多いです。気になっている人からこんな告白されたら、ちょっとロマンチックですよね♡

ということで、今日は日本とカナダのバレンタインの違いについてでした(^^)

 

 

 

 

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s